庭づくりについて

 椎乃庭では暮らしに寄り添う庭造りをテーマにお客様の暮らし方に合わせた3つの庭造りの提案を得意としております。

庭も大切な家の一部。

暮らし方、利用の仕方から庭の動線、プランをご提案させて頂いております。

庭造りやリガーデンをご検討中の方椎乃庭のご提案は如何でしょうか?


①セカンドキッチン

庭に出て食べ物を探す・・・。

ちょっとの一手間が生活を少しだけ豊かにしてくれます。

自分の体を造るものだから無能薬で育てたい。

そのためには環境造りをすることからはじめなければなりません。

その土地の気候風土に合わせた果樹の栽培を行う事でその土地の環境を育てます。

 植物に触れ四季折々に変化する表情を楽しんだり、木々の間を吹き抜ける風や木漏れ日に癒されたり・・・。

楽しみ方は様々です。

果樹だからといって何も実を楽しむだけではありません。

日々の生活をより豊かにしてくれるものそれは環境造りと楽しみ方です。

 室内に緑を取り込んだり、庭に出て旬の素材を料理として利用する。

 収穫する楽しみ。料理する楽しみ。食べる楽しみ・・・。

自分で育てた食材の楽しみ方はまた特別なものとなるでしょう。

日々の暮らしを楽しむ為のセカンドキッチンとしての庭の活用・・・。

 椎乃庭がお庭造りをお手伝い致します。


②セカンドリビング

週末の夜は月明りとライトの明かりで虫の音を楽しむ・・・。

ちょっとしたスペースにデッキがあり、緑があればそれは憩いの場。

室内と庭とを隔てる窓を開ければデッキスペースはリビングとなる・・・。

日々の暮らしを楽しむ為の庭の活用。

庭は暮らしを支える大切な場所だから・・・。

心の拠り所となれる様な空間造りを心がけています。


③外部空間から考える住環境

人が癒される場所それは自然であったり動物であったり生き物と触れる環境の中に多くもたらされます。

豊かな自然を暮らしの中に取り入れる。

自然の恵みは日常の生活に潤いを与えてくれます。

夏は葉が茂る事で木陰を作り冬は落葉し日向を作る自然の摂理に倣った暮らしが家や私達の暮らしを守ってくれます。

私達の暮らしを守ってくれるものが家ですが家の周りに緑が無ければ家は夏の太陽の日差しであったり雨や風等の過酷な自然現象から家を守るものが何もありません。

現代では冷暖房設備によって室内環境をコントロールしている為なかなか緑の作る木陰の心地よさや日陰と日向の温度差によって発生するそよ風の心地よさに触れる機会も少なくなってしまいました。

庭に緑を取り入れる事、それは「家に衣を着せる」事と同じ事だと考えています。

自然現象を緩衝させ、そこに住む人の暮らしを安定させてくれる緑の効果を庭にもっと取り入れられたら。

そんな思いを胸に弊社では外部空間から住環境を整える為の庭造りを追及しています。

眺める庭から機能的な庭へ、緑のある暮らしを体験してみませんか?